ホーム > 施工実施例 > 20〜30㎡ > 嫌われ3点式UBをセパレートへリノベーション

嫌われ3点式UBをセパレートへリノベーション

SANYO DIGITAL CAMERA

  • ル・モンド西宮 413・515号室 仲介用図面
  • SANYO DIGITAL CAMERA
  • SANYO DIGITAL CAMERA
  • SANYO DIGITAL CAMERA
  • SANYO DIGITAL CAMERA
  • SANYO DIGITAL CAMERA

嫌われ3点式UBをセパレートへリノベーション

狭い単身向け物件で、スペースを有効活用するために20~30年前に多く施工された3点式ユニットバス。

今では若い入居者層から嫌われ、嫌われ物件の代名詞にもなっています。

今回の物件でも狭い3点式UBの1K(20㎡前後)は大変苦戦をしておりますので、少し広めの1DK(和室1間)のお部屋にはお風呂の入替とトイレのセパレート工事を実施いたしました。

その他の部分を既存利用する事でコストダウンを図り、広々とした洋間のワンルームで入居も即決まりました。

1ルームで苦戦中のオーナー様はセパレート工事を検討してみてはいかがでしょうか?

種目 マンション 間取り 1ROOM
専用面積 25.5㎡ 構造 RC造6階建4・5階部分
所在地 西宮市平木町 築年 1988年4月
リノベーション内容 ハーフリノベーション 概算費用 220万円(2室で)

改装後の客付け保証します

施工実績トップ